内装工事を行って店内レイアウトを一新してみませんか?

内装工事を行って店内レイアウトを一新してみませんか?

内装工事では使いやすいレイアウトを考えよう

設計図とスケール

店舗の内装工事で最も重要なのがレイアウトです。レイアウトとは店舗内の配置設計のことで設備や家具をどこにどう設置するか、効率や見た目を考えて最適の配置を考える作業です。
レイアウトの基本は使いやすさ、動きやすさです。どんな業種であろうと店舗内が使いにくく移動しづらいのはまなすでしかありません。よい商品を提供していても店内が不便だとそれだけで客足は遠のいてしまい業績に響いてしまいます。
レイアウトを考える場合はまず最初に機能性を考えましょう。ポイントはできるだけ移動距離が短くなるよう導線を短くすることです。何の作業をするにしても作業するたびにいちいち移動するのは無駄でしかありません。最小の移動距離で作業がこなせるようになれば効率は上がりミスも減らせます。
内装工事のレイアウトは設備や機材選びの段階から始まっています。設備や機材は機能や使い勝手を基準に選びますが単純に高性能の製品が使いやすいとは限りません。大型で置ける場所が限られるような設備の場合はそれを基準にレイアウトプランを作成しなければならず、全体をみるとたった一つの設備のせいで効率が大きく下がってしまうケースもあります。
内装工事を依頼するときは最終的な完成形の使い勝手を考えながらレイアウトを作成することが大切です。

これからの飲食店にはテイクアウト前提の内装工事が求められている

飲食店の内装工事で重要なポイントが客席数です。これまでも店舗面積に対する最適な客数というのは存在しましたが、新しい生活様式が広まるとともにかつての常識が通よくしなくなっています。三密を避けつつ利益率も確保しなければならないという難題と向き合いながら内装工事を実現するのは簡単ではありません。
一つの方法として提案されているのがデリバリーや持ち帰りなど店内消費以外を前提とした内装工事です。デリバリーや持ち帰りなどのサービスを提供する飲食店は急増していますがそのほとんどは店内飲食用の内装のままです。これからの内装工事ではデリバリーや持ち帰りを前提とした店舗設計は欠かせない要素です。入店せずに商品を受け取れる専用窓口や宅配員専用の裏口など、店内消費以外の専用設備を設けることで業務効率を改善すると同時に衛生的な環境を守ることもできます。
内装工事を依頼する段階で店内飲食用のサービスも念頭に置いた設計にしておけば将来的な業務変更にも柔軟に対応できます。お客様に来て頂いて店内で商品を提供するというこれまでの常識が通用しなくなっている時代において内装工事も旧来の常識に囚われたままでは通用しません。未来を見据えた内装工事が経営安定の切り札です。

内装工事で雰囲気があるカフェに改装して売上拡大を目指そう

カフェと言えばお洒落な店舗が目立ち、その空間を楽しむために来店する方も多いでしょう。お洒落な空間と言っても、その方向性は様々です。スタイリッシュなカフェもありますし、木と緑あふれる内装で癒し空間を演出している様なカフェもあります。どのような空間でも、居心地がよければ人気店となりやすいでしょう。現在カフェを経営されている方で、もしお客様の足が少なくなっている場合は、メニューの内容と共に居心地がよいお店かどうかを検証してみてください。
もし店内の雰囲気が落ち着かなかったり、古さが目立つようであれば、リピーターは付きにくいでしょう。そのままでは経営自体に問題が生じてきますから、内装工事を行って雰囲気があるカフェにチェンジする方法がおすすめです。特にカフェや飲食店に強い専門業者へ内装工事を依頼すれば、工事事例から良いアドバイスももらえます。大掛かりな工事でなくても、壁紙の張替えなど一部の内装工事でもカフェが生まれ変わります。
どんな方向性のお店に工事するかは、地域性や近隣のライバル店の状態、またお客様の特性なども加味してじっくり考えてみてください。内装工事で居心地の良いカフェに生まれ変わって、売上拡大につなげていきましょう。

店舗を素敵な内装にリニューアルしたい方は、内装工事を【エスケイ】に依頼しましょう。エスケイに依頼すれば分離発注ができるため、不要な中間マージン分を大幅にカットして無駄な工事費を抑えることができます。費用は安く、質の高い内装工事を依頼したい方におすすめです。

ピックアップ

きれいな飲食店

オフィスのリニューアルも内装工事でフリースペース化できる

現在使用しているオフィスフロアの古さが目立っていませんか?壁紙や天井などは、白色が紫外線の影響により黄ばんだり、凹凸のある壁紙には汚れが入り込んだりと見栄えも悪くなります。また、古い設計のオフィ…

MORE